テクノロジーを用いた社会課題解決に取り組むスタートアップを創業時から加速支援しています。

通常の現象
  • スタートアップとのコミュニケーションに課題を感じる
  • スタートアップの目利きが難しい
  • 投資した後、連携にズレがある
  • 目標のスタートアップを探し出せない
  • 知財の扱いに自信が持てない
インディーのアプローチ
  • シード投資の実績多数
  • 継続的なアクセラレーター(XVC)運営によるディールソーシング
  • スタートアップと事業会社のビジネスモデル融合
  • 多様な知財とライセンシングオプションを提案
  • スタートアップおよび大企業の文化の違いを加味

スタートアップのコミュニティに触れ、オープンイノベーションを実現

ディープテック系スタートアップをプレシードから支援するベンチャーキャピタル「XVC」を運営

XVCとは、INDEE JapanはBreakpoint、ScaleOutと共同で設立したベンチャーキャピタルです。3社は、未知の事業領域を切り開くYCombinator型アクセラレーターで、主にシード期のスタートアップを支援するX-DOJOを運営しています。デジタルヘルス、XR、AI、ロボティクスなどのディープテック領域のスタートアップの創造と成長を加速します。

■XVC有限責任事業組合の設立ならびにアクセラレータープログラムX-DOJO開始のお知らせ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000080266.html 

■XVC有限責任事業組合による第1号ファンド設立ならびに投資開始のお知らせ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000080266.html

アクセラレーター運営実績

エンジェル型アクセラレーションプログラム ZENTECH DOJO Nihonbashiでは、起業経験者がメンターやエンジェルとなって創業期にある企業を直接的に支援します。
TECH for LIFEは デジタルヘルス、HealthTech、MedicalTech向けのアクセラレーションとコンテストプログラムを通じて総合的に支援します。
PreStartup(プレスタ)は、アイデアと熱意のある起業家予備軍が投資家や起業家と気軽に話ができるサロンです。
Kawasaki ZENTECH Acceleratorは川崎市とのパートナーシップによって実現したハードテックスタートアップを加速し、事業会社と連携を促進するアクセラレーションプログラムです。

スタートアップ向け記事

ハード以外のハード系スタートアップとは?
私たちは「ハード系」のスタートアップを支援しています。
なぜ「ハード系」という微妙な言い方をするかというと、実はAIソフトウェアを開発しているスタートアップも支援しているからです。例えば、
Ubieは AI問診やAI受診相談というサービスを展開するSaaS企業です。DeepEyeVisionはAIを用いた画像診断支援を提供しています。MENOUは、医療画像のアノテーションや外観検査をAIで自動化するサービスを展開しています。
スタートアップにとっての経路依存性とは?
どうやったら会社を成長させることができるのか?
今では本やネットの記事にあらゆる情報があふれていて、さまざまな戦略フレームワークやテクニックや事例が簡単に入手できますよね。実際、このブログには
ジョブ理論ピッチのテクニック、成長戦略の描き方や事業開発のコツも紹介してきました。この手の知識はあればあるほど成功には近づきますが、知識ではカバーできないことの一つに「経路依存性」というものがあります。