Singapore Lifescience Workshop 2020


シンガポール ライフサイエンス ワークショップ 2020


   ピンポイント事業開発もできる現地視察ツアーのご案内




東南アジアのライフサイエンス産業と、シンガポールの技術シーズを探索する第2回シンガポールツアーを開催します。
2019年よりも内容を拡充し、製薬・バイオ企業の事業開発やライセンスの担当者が参加しやすい内容となっておりので、奮ってご参加ください。

初日のエコシステムツアーでは、シンガポールのイノベーションエコシステムを構成する主要なプレイヤーのキーマンの話を聞き、接点を持つことで全体を俯瞰し、2日目のエキスパートセッションでは、事業開発(Business Development)の内容に踏み込んで、ご参加者の求める技術シーズをピンポイントにご紹介します。
なお、参加者数には限りがあります。またワークショップの準備の関係上、お早めにご登録ください (正式お申込みは後日で構いません)。

【2月3日現在】新型肺炎の影響を鑑み、開催予定を延期いたしました。

参加募集は一旦停止しておりますが、開催決定後のご案内をお求めの方は下記フォームに必要事項をご記入ください。

3月30日
エコシステムツアー

シンガポールでのバイオメディカル産業を俯瞰し、事業開発につながる知見が得られます

  • シンガポール経済開発庁(EDB)訪問
    ~シンガポールにおけるバイオメディカル産業の概況と事業機会~
  • シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)訪問
    ~シンガポールのイノベーションエコシステムと技術シーズ~
  • ラボツアー(現地製薬企業または医療機器メーカー訪問)
  • 現地日系製薬企業訪問
  • デジタルヘルス・スタートアップのピッチとネットワーキング
  • イノベーションエコシステムの活用法

3月31日
エキスパートセッション

先端研究の紹介と貴重な技術移転責任者へのアクセスが1日で得られます

  • ご希望テーマに合わせて研究内容の事前セットアップを行います
    (テーマ例)がん治療の新ターゲット、新創薬モダリティ、オミックス医療、診断機器、個別化医療、デジタルヘルス
  • 研究内容以外にも下記のテーマでのワークショップをご希望に合わせてテーラーメイドします(テーマ例)海外BD活動のコツ、生産拠点としてのアジア、ASEANの入口としてのシンガポール

    早めのお申込みでよりピンポイントに!
資料ダウンロード : シンガポール2020年

予約はフォームからお願いします


2019年3月のイベントレポートはこちら

エントリー